小論文の書き方を学ぶ|小論文の書き方の対策して希望の大学に入れるようになろう

小論文の書き方を学ぶ

原稿用紙

テーマについて考える

小論文の書き方でまず考えたいのが、テーマを考えることから始めます。テーマが決まったら、問題提起を始めていくだけです。そのテーマに疑問系で考えていきます。「~があるが、~はどうだろうか」といった形で入ります。

反対の意見を受け入れる

反対意見をあえて入れて、理解を表す。自分が提起した疑問点をかかげるだけでなく、その反対意見を入れることで受け入れている姿勢を表すことが重要です。そのことで問題への解決策が見えてくるといえます。

逆説を使って意思表示

一度反対意見を受け入れたことで、問題提起で行なったテーマの本質が見えてくると言えるでしょう。小論文では反対意見を認めた後に、自分の意見を述べる流れになっていきます。ここでは逆説を使って書くと、より強調して自分自身の意見を伝えることが出来るでしょう。

明確な理由を述べる

自分の意見を相手にちゃんと伝わるようにするには、明確な理由が必要になっていきます。「何故なら」から文章が始まると、読み手にとっても、今から説明が入ってくるという前段階がわかりやすいでしょう。意見を述べた後には「~だからです」でまとめると良いでしょう。

最も重要な結論

最後に最も重要なのが、結論です。ここでは「そのことにより~で、~と考えます」といった流れで結論を述べます。こちらでは、テーマにあげた問題に対しての総合的な意見を述べるからこそ、非常に重要性の高い部分になっていきます。相手に伝えたい内容を最大に表現して書くように心がけることが大切です。

合格するための大切なポイント情報

原稿用紙

小論文の書き方を学ぶ

大学入試などで必要になる、小論文の書き方を紹介しています。誰でも文章構成の仕方などをわかっていないまま出来る人はいません。だからこそ、ここで紹介している5つのステップを学んで小論文に活かしましょう。

READ MORE
女子学生

志望動機を書くポイント

志望動機は入試の際や、また社会人になってからも応募書類で書くことが必要になるものです。自分をいかに効果的にアピール出来るかがポイントになります。例文などを参考に、志望動機の書き方のポイントを学んでいきましょう。

READ MORE
広告募集中