志望動機を書くポイント|小論文の書き方の対策して希望の大学に入れるようになろう

志望動機を書くポイント

女子学生

自分について理解から始める

志望動機を書く際は、まず自分について知ることが大切です。何故それが必要になるかと言うと、志望動機は自分の魅力を相手に知ってもらう必要があるからです。それでも内容がわからない時は、例文を見るなどして参考に出来る内容を探すことを推奨します。この時に言えるのが、自分の表面的な部分だけでなく、より掘り下げた内容で書くようにしましょう。

学校の教育方針を知る

志望動機というのは、その学校のことを知らなければ入る動機として書き始めることは出来ません。自分の希望する大学や学校が、どんな教育方針をかかげているかなど事前に調べて理解しておきましょう。そういった点を調べておけば、その学校がどんな人を求めているのか、明確に知ることが出来るでしょう。そこで、自分の目指す理由とつなげて、志望動機として説明することが出来ます。

一番伝えたいことを決める

自分のことを相手に伝えるアピールの素材や、学校のことを調べたら次は書く内容をポイント絞って決めていきます。最初で決めることによって、自分の一番伝えたいことを相手に明確に伝えることが出来ます。そうすることにより、効果的に自己アピールを可能にすることが出来ます。これらを決めずに書いてしまうと、何が一番伝えたい内容なのかわからなくなってしまうので気をつけましょう。

具体的な内容を意識する

志望動機の文章を書く際に意識して気をつけてほしいことは、具体的に書くということです。何故?どのようにそうなったのか、など考えれば自然に文章もわかりやすく伝わるといえます。自分を大きく見せようとせず、自分らしさが伝わるように書くようにしましょう。受け入れる学校側は、受験生のその人らしさを見たいと考えているからです。もし、書き方を基礎から学びたいなら先生にアドバイスもらったり、例文を参考に良い書き方と悪い書き方を学んでおくといいでしょう。

面接での質問について

志望動機は何故聞かれるの?

面接官は、この学校を選んできた受験生たちがどうしてここに入学したいのかを知りたがっています。そのため、必ず志望動機を聞いています。それらを聞くことにより、受験生の人柄や学校にあった生徒なのかを確認しているのです。

欠席日数を重視する理由を教えて下さい

受験生がこれまでどういった学校生活を送ってきたのか、数字で判断しやすいからです。ただの数字ではなく、欠席日数はその人の自己管理をわかりやすく表しているからです。

入学後の目標は今決めなきゃだめですか?

面接の時に何故入学後の目標を聞くのかというと、入学だけで満足せずに将来のビジョンを明確に考えることの出来る学生を求めているからです。それは、その学校でどんなことをしたいのか、どんなことを学ぼうと考えているのかを知りたいからこそ、目標を聞いています。

合格するための大切なポイント情報

原稿用紙

小論文の書き方を学ぶ

大学入試などで必要になる、小論文の書き方を紹介しています。誰でも文章構成の仕方などをわかっていないまま出来る人はいません。だからこそ、ここで紹介している5つのステップを学んで小論文に活かしましょう。

READ MORE
女子学生

志望動機を書くポイント

志望動機は入試の際や、また社会人になってからも応募書類で書くことが必要になるものです。自分をいかに効果的にアピール出来るかがポイントになります。例文などを参考に、志望動機の書き方のポイントを学んでいきましょう。

READ MORE
広告募集中